【石和温泉郷クラシックカーフェス16】ライフルラック付! のホンダハンターカブ

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
1962年式 ハンターカブ C105T トレイル55
1962年式 ハンターカブ C105T トレイル55 全 22 枚 拡大写真
6月18日と19日に行われた石和温泉郷クラシックカーフェスティバルは2輪車も参加していて、面白みが倍加するイベント。今回も目立ったのは『ハンターカブ』などホンダの小排気量バイクだった。

その存在感抜群だったハンターカブは、1962年式の『C105T トレイル55』。名車『スーパーカブC100』をベースに坂道や荒れ地の走破性を高めたもので、アメリカからの逆輸入車だ。OHVの54cc4ストロークエンジン搭載。

このモデルは、山や森を駆け抜けるための装備やオプションが盛りだくさん。ガソリンタンクは1.5ガロン(約5.7リットル)に大型化、シートの高さはアメリカ人向けに大きくなっている。スプロケットは大小2枚あり、路面状況によってチェーンを組み合わせる仕組み。

フットブレーキ以外にも左ハンドルレバーでも操作できるリヤブレーキや、アフターファイヤーが出て枯れ草に燃え移らないよう排気を横側のスリットから出す”アリゲーター・マフラー”など、よく見ると感心させられる装備、機構が多い。オプションのハンティング用ライフルラックも珍しい。

このほか、最初のSOHCエンジン搭載モデル『スーパーカブC65』(1965)や『モトコンポ』の姉妹車『スカッシュ』(1981)、『モンキーCZ100』(1964)、『ローラースルーGOGO』(1974)など、おっと思わせる小さな乗り物がが並んでいた。

異色だったのは、2台の『アコーレーサー』(1970年代中頃?)。かつて上尾工業株式会社で製造されていた子供用チェーン駆動4輪自転車で、ホンダのディーラーや玩具(がんぐ)店などで販売されていた。残存数は不明だが、かなりレアな存在と思われる。

《嶽宮 三郎》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【日産 ノートオーラ 新型試乗】「よくできました」けど今時じゃ普通?…中村孝仁
  2. 隠れた鉄道ジャンクション、蒲田で「電車まつり」…3社駅長が集合 10月26-31日
  3. マニアック?! 懐かしの名車210台が集結…カーフェスティバルin川島町
  4. 「原付2種」は最強のシティコミューターなのか? 主要3メーカーのスクーターを乗り比べ
  5. 三井ダイレクト損保、バイク保険の取扱い開始
  6. レンジローバー 新型が登場…ラグジュアリーSUVの頂点はゆずらない
  7. 【ハーレー スポーツスターS 試乗】ポルシェも乗り越えた水冷化!初めてのハーレーにうってつけな「S」…青木タカオ
  8. 【ヤマハ NMAX 試乗】『マツダ3』を彷彿?日常の足と割り切るのはもったいない…伊丹孝裕
  9. 電動化してはいけない!! 第1位は日産 GT-R…発表【48時間アンケート】
  10. カスタマイズは7500通り…アバルト 595 に期間限定プログラム
ランキングをもっと見る