英国EU離脱は「不確定」が大きな問題…ルノー・日産アライアンス担当副社長

自動車 ビジネス 企業動向
日産の英国サンダーランド工場で生産されている改良新型ジューク
日産の英国サンダーランド工場で生産されている改良新型ジューク 全 3 枚 拡大写真
日産自動車と仏ルノーのアライアンス担当の上級副社長であるアルノー・ドゥブフ氏は、英国のEU(欧州連合)離脱問題の日産英国工場への影響について、「今の時点で方向性を語ることは全くできないが、短期的な影響はない」と述べた。

7月4日の日本記者団とのルノー・日産の提携シナジーに関する電話インタビューで語った。日産の英国工場は年産50万台の能力をもつ同社の欧州主力拠点。今年3月には販売好調のSUV『キャシュカイ』の増産投資も発表している。生産量の大半をEU域内などへ輸出しており、離脱による輸出条件の悪化が懸念されている。

ドゥブフ氏は離脱に伴う英・EU間の交渉がどうなるか、「不確定ということが大きな問題」と語り、当面は交渉の進展を注視する姿勢を示した。英国工場のEU域内への移転の可能性についても現時点では「全く言及できない」と述べるにとどまった。

《池原照雄》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • AI運行乗合タクシー(キャラバン)
  • 日産フェアレディZ次期型プロトタイプ
  • 日産フェアレディZ次期型
  • 日産フェアレディZプロトタイプ
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ