ツインリンクもてぎ、日産 グループCカー などの走行確認テストを公開 8月10日

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
R380(A-1型)
R380(A-1型) 全 3 枚 拡大写真
ツインリンクもてぎは、「鈴鹿 サウンド・オブ・エンジン」の開催に先立ち、日本初のプロトタイプカー日産「R380」やグループCカーなどの走行確認テストを8月10日に実施する。

2015年に初開催した鈴鹿 サウンド・オブ・エンジンは、これからの50年を見据えながら、その礎となった歴史的価値を絶やすことなく維持し続けるための、鈴鹿サーキット初のヒストリックイベントだ。

今回、同イベントに登場する日産車両の走行確認テストをツインリンクもてぎで行い、これを一般公開する。走行車両は「スカイライン スーパーシルエット」「NP35」「ニッサンR92CP #1カルソニック」「R380-AI」「スカイライン GT」を予定。ツインリンクもてぎの入場・駐車料のみで見学できる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • シビック タイプR ミーティング(イメージ)
  • 2019年MotoGP 日本GP
  • ツインリンクもてぎ南ゲート
  • 「鈴鹿」と「もてぎ」にも、社会情勢の影響が出てきている。
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ