昭和シェル石油、国内向け原油処理量3%減の657万8000キロリットル…7-9月期

自動車 ビジネス 国内マーケット
昭和シェル サービスステーションイメージ
昭和シェル サービスステーションイメージ 全 1 枚 拡大写真
昭和シェル石油は7月8日、グループ4製油所の2016年第3四半期(7~9月)の国内向け原油処理量を、前年同期比3%減の657万8000キロリットルに減産すると発表した。

原油処理計画は、国内需要動向に対応しながら、適正在庫を維持し、必要に応じて国内市場での製品調達も選択肢に入れ、石油製品の安定供給を実現するもの。なお、海外向け原油処理量は、海外製品市況動向を踏まえ、随時決定する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・ミライ(米国仕様)
  • ピストン西沢と河口まなぶがニューノーマルなぶっ飛びクルマ愛を語り尽くす! カオスないまが実は面白い
  • 既存のシェルマーク
  • 洗車アプリ「AND WASH」
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ