ダイハツ タント、バックドアのステー破損で負傷事故発生

自動車 ビジネス 国内マーケット
ダイハツ タント(2007年)
ダイハツ タント(2007年) 全 2 枚 拡大写真
ダイハツ工業は7月20日、軽乗用車『タント』(2009年製)のバックドア操作時にステーが破損し、ユーザーが負傷する事故が発生したことを公表。当該車種のバックドアを使用しないよう注意を呼びかけている。

事故発生の可能性があるのは2007年12月から2013年9月に製造したタント約80万台。ステーの破損原因は、外筒のエンドキャップ部が塩害により著しく腐食したため。日産『セレナ』でもバックドアステー破損による負傷事故が発生している。

ダイハツは今回の事故を受け、ホームページで当該車種のバックドアを使用しないよう告知。販売会社での点検受け入れ体制を早急に整えるとしている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ダイハツ タント(2017年)
  • ダイハツ・ムーヴ(2017年)
  • ダイハツ工業製造ライン職場高年齢化の現状と成り行き
  • 滋賀工場 第2工場 ボディラインの溶接工程。ロボットによって完全自動化されている。
  • GR HV Sportコンセプト 市販型予想CG
  • メルセデス AMG GT ブラックシリーズ 市販型(スクープ写真)
  • BMW X5M 新型スクープ写真
  • ホンダ フィット 次期型 予想CG

ピックアップ