VWの小型セダン、アメオ…インドで生産開始

自動車 ビジネス 企業動向
フォルクスワーゲン アメオ
フォルクスワーゲン アメオ 全 4 枚 拡大写真
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは、インドのマハラシュトラ州プネのチャカン工場において、新型セダンの『アメオ』の生産を開始した。

フォルクスワーゲンは2016年2月、インドで開幕したデリーモーターショー(オートエキスポ16)において、アメオを初公開。アメオは、フォルクスワーゲンがインドの小型セダン市場に投入した新型車。フォルクスワーゲンがインド向けに開発し、インドで現地生産する初の小型セダンとなる。

ボディサイズは、フォルクスワーゲンのインド向けセダンとしては初めて、全長が4000mm以下。フロントマスクなどには、フォルクスワーゲンの最新デザイン言語が反映された。リアは、トランク部分の短いセダンシルエットが特徴。装備類は充実。セグメント初のクルーズコントロール、雨滴感知ワイパーをはじめ、全車にデュアルエアバッグとABSを標準装備した。

パワートレインは、ガソリンが1.2リットル直列3気筒+5速MT。ディーゼルターボ「TDI」が1.5リットル直列4気筒。トランスミッションは、5速MTまたは7速DSGを組み合わせる。

今回、インドのマハラシュトラ州プネのチャカン工場から、アメオの量産第一号車がラインオフ。フォルクスワーゲンは同工場に3シフト制を導入し、アメオの旺盛な初期受注に応えていく。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  2. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  3. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  4. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  5. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  6. スバル アウトバック 新型、安全性能テストで最高評価獲得…ユーロNCAP
  7. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  8. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
  9. トヨタ ヤリス など、39車種11万台をリコール…事故自動緊急通報装置などに不具合
  10. ホンダ シビック 新型、日本にない2.0リットル自然吸気エンジン設定…米国発売
ランキングをもっと見る