【パリモーターショー 16】メルセデス、新型EVコンセプト初公開へ…航続500km

エコカー EV
メルセデスベンツ F 015(参考画像)
メルセデスベンツ F 015(参考画像) 全 3 枚 拡大写真
ドイツの高級車、メルセデスベンツが間もなく、新型EVコンセプトカーをワールドプレミアすることが分かった。

これは、メルセデスベンツを擁するドイツの自動車大手、ダイムラーが、ドイツで開催した新技術発表会「Tec Day」において明らかにしたもの。「9月にフランスで開催されるパリモーターショー16において、新たなEVコンセプトカーを初公開する」と発表している。

この新型EVコンセプトカーの特徴が、EVの弱点とされる航続距離への挑戦。ダイムラーによると、メルセデスベンツのEVとしては初めて、1回の充電で最大500km走行できる性能を備えているという。

この航続距離を可能にするのが、子会社のDeutsche ACCUmotive社が開発したリチウムイオンバッテリー。非常に効率の高いバッテリー(二次電池)が搭載される。

ダイムラーは、このコンセプトカーの市販化について、「2020年までの発売を計画している」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ・ヴィジョン AVTR
  • メルセデスベンツ・ヴィジョン AVTR(CES 2020)
  • メルセデスベンツ・ヴィジョン AVTR(CES 2020)
  • メルセデスベンツのCES 2020のブースイメージ
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ