ブロードリーフ、法人向け光回線サービスを提供開始…実質価格は最安の3550円

自動車 ビジネス 国内マーケット
ブロードリーフ光
ブロードリーフ光 全 1 枚 拡大写真
ブロードリーフは、法人向け光回線サービス「ブロードリーフ光」の提供を8月1日より開始する。新サービスは、NTT東日本が提供する光コラボレーションを利用した自動車業界との初コラボとなる。

ブロードリーフは、これまで自動車アフターマーケットを中心に幅広い業種・業界の現場業務を支援するソフトウエア・ITソリューション、各種サービスを提供してきた。今回、自動車IT化や新技術の導入といった、市場の変化に柔軟に対応していくため、ITサービスの早期拡充を進める。

ブロードリーフ光の回線利用料金は月額4800円で、最大3万円のキャッシュバック適用後の2年間の実質価格は3550円(セット契約適用+2年契約、プロバイダ料金除く)。7月26日時点での価格.comにおける法人向け光回線サービスでは最安値となる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ブロードリーフとBEMACフィリピンズ社
  • Zenmovを持分法適用会社化して新しいモビリティサービスを提供
  • ブロードリーフの作業分析/業務最適化ソフトウェア「OTRS」のウェブサイト
  • 産業革新研究所が運営する「ものづくりドットコム」のウェブサイト
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真

ピックアップ