日産、通期利益予想は据え置き…営業利益9%減 第1四半期決算

自動車 ビジネス 企業動向
田川丈二常務執行役員
田川丈二常務執行役員 全 2 枚 拡大写真
日産自動車が7月27日に発表した2017年3月期の第1四半期(4~6月期)連結決算は、営業利益が前年同期比9%減の1758億円となった。円高が収益の圧迫要因になったものの、主力の北米や中国で販売が堅調だった。

同期のグローバル販売は1%減の128万7000台で、北米は9%増、中国(1~3月分)は1%増となった。為替は1ドル108円となり、前年同期から約12円の円高だった。営業損益段階での為替変動による減益影響は912億円に及んだ。

純利益は11%減の1364億円となった。通期業績は営業利益で7100億円(前期比11%減)、純利益5250億円(0.2%増)としている従来予想を据え置いた。記者会見した田川丈二常務執行役員は「為替変動の逆風があるが、北米や欧州の販売好調と継続的なコスト改善により、2016年度はいいモメンタムでスタートできた」と評価した。

《池原照雄》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • NISSAN e-シェアモビ
  • GT-R 2020年型
  • 日産 プロパイロット2.0、ルネサスの車載用SoCと制御用マイコンを採用
  • 日産とEVgoの米国の急速充電ネットワーク
  • ブリリアンス V9 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レズバニ タンクX
  • ランボルギーニ 新型モデル ティザーイメージ
  • VW T-Roc カブリオレ 

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/07/27/279110.html/article/2016/07/27/279109.html/article/2016/07/27/279111.html