JVCケンウッド、為替変動を除くと実質増収増益 4-6月期決算

自動車 ビジネス 企業動向
JVC KENWOOD(参考画像)
JVC KENWOOD(参考画像) 全 2 枚 拡大写真
JVCケンウッドが発表した2016年4~6月期(第1四半期)連結決算は、経常損益が15億2400万円の赤字だった。

売上高は、為替換算の影響やパブリックサービス分野が減収となった影響から前年同期比2.4%減の656億9900万円と減収だった。為替換算を除いた実質ベースでは増収だったとしている。

営業損益は、為替差損や退職給付金費用増加などの影響もあって、14億1900万円の赤字だった。前年同期は10億9900万円の赤字で赤字幅が拡大した。四半期損益は27億9400万円の赤字だった。

為替影響を除くと全分野で損益が改善したとしている。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ケンウッド アルコール検知器 CAX-AD100
  • 4者による包括連携協定の締結式
  • 通信型ドライブレコーダーの概要
  • 車載用AVマルチメディアレシーバー DMX9720XDS
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG

ピックアップ

Response.TV