タタのインド販売7%増、乗用車は31%の大幅増 7月

自動車 ビジネス 海外マーケット
タタ ゼスト
タタ ゼスト 全 6 枚 拡大写真
インドの自動車大手で、インド乗用車市場第3位のタタモーターズは8月1日、7月のインド新車販売(輸出も含む)の結果を公表した。乗用車と商用車を合わせた総販売台数は4万3160台。前年同月比は7%増と、7か月連続で前年実績を上回った。

タタのインドでの主力は商用車。7月は2万4242台を販売。前年同月比は2%減と、8か月ぶりに減少した。このうち、LCV(ライトコマーシャルビークル)は1万3544台を占め、前年同月比は5%増と、8か月連続のプラス。

また、7月のインド乗用車販売は1万3547台。前年同月比は31%増と、2か月連続のプラス。

7月の輸出台数は、5371台。前年同月に対して、6%増と、2か月連続のプラスだった。

タタモーターズの2015年度(2015年4月から2016年3月)インド新車販売(輸出も含む)は、51万1711台。前年比は2%増と、前年実績を上回っている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ