テスラの新型EV、モデル3 …設計が完了

エコカー EV
テスラ モデル3
テスラ モデル3 全 2 枚 拡大写真
米国のEVメーカー、テスラモーターズが3月末、米国で発表した新型EV、『モデル3』。同車の設計が、完了したことが分かった。

これは8月3日、テスラモーターズが2016年第2四半期(4‐6月)決算発表の際、明らかにしたもの。同社は、「モデル3の設計が完了した」と公表している。

モデル3は、標準的なモデルが0-96km/h加速6秒以内。1回の充電での航続可能距離は、346km以上。米国ベース価格は、3万5000ドルと、上級EV『モデルS』の半額以下。それだけに、モデル3への顧客の関心は高く、先行予約が発表3週間でほぼ40万台に到達する人気となっていた。

ところが5月上旬、テスラモーターズが開示したSEC(米証券取引委員会)提出の四半期報告書において、モデル3の設計が完了していないことが判明。その後の動向が注目されていた。

今回、テスラモーターズは、「モデル3の設計が完了した」と発表。テスラモーターズの当初の計画では、モデル3は、2017年終盤からの生産開始を目指している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • テスラ モデルS Plaid 開発車両(スクープ写真)
  • テスラ スーパーチャージャーステーション(イメージ)
  • テスラ・モデル3
  • テスラのEV
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 アウトランダー 次期型 予想CG
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/08/09/279842.html/article/2016/08/09/279841.html/article/2016/08/09/279843.html