JR東日本、高崎支社の211系をリニューアル

鉄道 企業動向
高崎支社で運用されている211系の外観。8月22日から順次、リニューアル車の運行が始まる。
高崎支社で運用されている211系の外観。8月22日から順次、リニューアル車の運行が始まる。 全 3 枚 拡大写真
JR東日本高崎支社は8月9日、現在は両毛線で運用している211系電車をリニューアルすると発表した。

発表によると、各ドアの足元にすべり止めを設置。ドアの開閉を手動からボタン式に変更し、容易に開閉できるようにする。これにより、利用者の利便性や安全性を向上させるという。

8月22日から順次、上越線高崎~水上間と吾妻線、信越本線高崎~横川間の普通列車で運行を開始する予定。211系リニューアル車の運用開始に伴い、各線で運用されている115系電車や107系電車の置換えが進むとみられる。

211系は国鉄時代の1985年に登場した電車。同時期に山手線に導入された205系電車と同様、軽量ステンレス車体やボルスタレス台車を採用するなどして省エネルギー化やメンテナンスコストの軽減を図った。

JR東日本では主に東海道線・東北線(宇都宮線)・高崎線を中心に運用されていたが、近年は新型のE231系電車やE233系電車の導入に伴い地方に転出し、現在は高崎支社と長野支社の各線で運用されている。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 阿佐海岸鉄道の気動車。DMV導入後は引退する。
  • 2015年1月、高波で被災した当時の日高本線厚賀~大狩部間。
  • トラッカーとスマートフォンの活用で、遺失物窓口の負担をどれだけ減らせるのか? 写真はJR東日本東京駅。
  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。
  • 都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。

ピックアップ

Response.TV