村上開明堂、中国・広東省に工場新設へ

自動車 ビジネス 企業動向
村上開明堂は、中国で自動車用バックミラーの生産能力を増強するため工場を新設すると発表した。

同社100%出資の連結子会社である嘉興村上汽車配件が中国広東省に自動車用バックミラーを製造する子会社「佛山村上汽車配件」を今年10月に設立する。

資本金は1000万元(約1億6000万年)で嘉興村上汽車配件が全額出資する。自動車用バックミラー生産工場を2017年9月に竣工、2018年1月に生産する。従業員数は2018年に88人の予定。

世界最大の自動車市場である中国に新会社の設立をすることで、顧客自動車メーカーに対して迅速な対応と自動車用バックミラーの生産拡大を図る。

《レスポンス編集部》

ピックアップ