リオ五輪会場にゴルフ体験コーナー…ブリヂストンが用具を提供

自動車 ビジネス 企業動向
リオ五輪ゴルフ日本代表の池田勇太選手
リオ五輪ゴルフ日本代表の池田勇太選手 全 2 枚 拡大写真
ブリヂストンは、国際ゴルフ連盟(IGF)と、リオ2016オリンピックのゴルフ競技会場に設置される「インタラクティブ・ファン・ゾーン」の独占パートナーとなる契約を締結した。

 >おすすめコンテンツ:レクサス杯観戦記

インタラクティブ・ファン・ゾーンは、リオ2016オリンピック期間中、観戦者にゴルフのスイング/試打やパッティングなどを体験してもらうために設置されるもの。今回の契約に基づき、ブリヂストンはゴルフ用具を提供する。

また、オリンピック閉会後、これらのゴルフ用具をブラジルゴルフ連盟に寄付し、オリンピック開催国でゴルフを振興する。

リオ2016オリンピック大会は、ブリヂストンがワールドワイドオリンピックパートナーとなってから初めての大会で、ゴルフ競技が100年以上ぶりにオリンピックに戻ってきた特別な大会なため、積極的に支援する。

同社グループは、1935年にゴルフボールを量産化して以来、80年以上にわたってゴルフ用具を製造してきた。米国では、PGA TOURの公式パートナーとして、オハイオ州アクロンにあるファイアストンカントリークラブで行われるワールドゴルフチャンピオンシップのタイトルスポンサーを2006年から毎年務めている。日本でも男子プロトーナメントのブリヂストンオープンゴルフトーナメント、女子プロトーナメントの中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンを主催している。

また、同社グループは、リオ2016オリンピックに出場するマット・クーチャー選手、ステーシー・ルイス選手、池田勇太選手をはじめとするプロゴルファーをサポートしている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV