鈴木亜久里、理想のエンジンオイルは「オイルのことを考えさせないオイル」

自動車 ビジネス 企業動向
鈴木亜久里 氏
鈴木亜久里 氏 全 6 枚 拡大写真
元F1レーサーでオートバックス レーシング チーム アグリの監督を務める鈴木亜久里氏が8月20日、都内で開催されたカストロールのイベントに登壇した。カストロールとの出会いや、レースとエンジンオイルの関係性、そして理想とするエンジンオイルについて語った。

鈴木氏は「僕はゴーカートから始めたが、その頃のゴーカートは全部カストロールだった。今のオイルは全合成だけど、昔はヒマシ油という、植物の種を絞ったもので、カストロールの植物性のオイルでないとエンジンが焼け付いちゃった。他にも植物性のものが出てたけど、カストロールじゃなきゃだめだった。それがカストロールとの出会い」と当時を振り返る。

その上で「カートの時はずっとカストロール。その後は、乗せてもらうチームによって変わった時期もあったけど、今はもうカストロールに決めている。なぜ同じオイルを使い続けるかというと、オイルでトラブルは絶対に起こらないと思っているから。レースに臨む上で不安要素はすべて排除したいと思うとカストロールを使うことがベスト。何が素晴らしいかといったら裏切らないこと」とカストロールのオイルを利用するメリットを強調した。

また「レースは、あれだけエンジンを回転させて、距離走ってという結構過酷なもの。そんな状況下でもカストロールを使っていれば問題がおこらない」とし、その関係は「夫婦関係みたいなもの」だという。「何も心配することないからすごく楽」という信頼が、安心してレースに臨む環境を作っていると語った。

最後にイベント参加者から「今後オイルに求めることは?」という質問が飛ぶと「オイルのことを考えさせないオイルが欲しい。車のセッティングでもタイヤでも、いつも悩まなくちゃいけない。でも、これを使っていれば問題ないというオイルは、そのことを考えなくて良くなる。それが一番大事」と答えていた。

《小松哲也》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • カストロール 水はじきPRO
  • BPカストロール TRANSMAXハイブリッド
  • VantageSPIRIT パッケージ一覧
  • ヴァンテージ スピリット(10W-30)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ