米マツダ、CX-7 をリコール…サスペンションに不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット
マツダ CX-7
マツダ CX-7 全 2 枚 拡大写真
マツダが、かつて販売していたSUV、『CX-7』。同車に不具合があるとして、米国でリコール(回収・無償修理)が行われる。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。マツダの米国法人、北米マツダから、CX-7に関するリコールの届け出を受けた、と発表している。

今回のリコールは、サスペンションの不具合が原因。NHTSAによると、CX-7のフロントサスペンションのボールジョイント部分に、塩分を含んだ水が入り込むことにより腐食し、ボールジョイントが脱落するおそれがあるという。

リコールに該当するのは、2007-2012年モデルのCX-7。主に米国で融雪剤を多く散布する地域において販売された19万0102台が、リコールに該当する。

北米マツダは、対象車を保有する顧客に連絡。販売店においてフロントサスペンションのロワコントロールアームを交換するリコール作業を実施する。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 今週注目を集めた記事ランキング…1位はメルセデスベンツのコンパクトミニバン
  2. いすゞトラックばかり---750を超える車両が登場
  3. 【BMW 318iツーリング 新型試乗】積極的にこのエントリーグレードを推したい…中村孝仁
  4. MINIの世界販売、510万台超え---世界の電動車の5分の1
  5. 空冷ポルシェで1台2億円!? マニア垂涎『シンガー911 DLS』とは
  6. スズキ、浜松工場の操業停止日を追加---GSX-R1000Rなど二輪車製造
  7. セルスター、受信性能2倍アップの一体型セーフティレーダー 3.7インチモデルを発売
  8. コロナ禍でタクシー移動の浮気増加…探偵がバイクで追跡
  9. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  10. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
ランキングをもっと見る