トヨタ RAV4 とレクサス HS、米国でリコール…サスペンションに不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット
先代トヨタRAV4
先代トヨタRAV4 全 2 枚 拡大写真
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は8月中旬、トヨタ『RAV4』とレクサス『HS250h』の一部を、リコール(回収・無償修理)すると発表した。

今回のリコールは、サスペンションの不具合が原因。米国トヨタ販売によると、リアサスペンションのアームが整備や修理の際、誤ったトルクで締め付けられた可能性があり、ナットが緩み、部品が脱落するおそれがあるという。

その場合、車両のスタビリティ制御が失われ、事故のリスクが高まる。

リコールの対象となるのは、RAV4が2006‐2011年モデル。レクサスHS250hが2010年モデル。合計で約33万7000台が、リコールに該当する。

米国のトヨタとレクサスは、対象車を保有する顧客に通知。販売店において、リアサスペンションのアームとナットを交換するリコール作業を行うとしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スズキ アドレス125(2019年)
  • プジョー5008
  • ヤマハ YZF-R25(2018年)
  • BMW 2シリーズ
  • BMW X2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV