ホンダのインド販売11%減…10か月連続で減少 8月

自動車 ビジネス 海外マーケット
ホンダ BR-V
ホンダ BR-V 全 5 枚 拡大写真
ホンダのインド現地法人、ホンダカーズインディアリミテッドは9月1日、8月のインド新車販売の結果を明らかにした。

同社の発表によると、8月の総販売台数は、1万3941台(輸出を除く)。前年同月比は11%減と、10か月連続で前年実績を下回った。

1万3941台の内訳では、小型セダンの『シティ』が4255台で、11か月連続の最量販車に。『フィット』が3818台、コンパクトカーの『アメイズ』が2488台で、これに続いた。以下、『ブリオ』が784台、『モビリオ』が290台、『CR-V』が77台。

また、2016年4月にインド市場に投入されたばかりの新型SUV、『BR-V』は2229台を販売。また、8月のインドからの輸出実績は、664台だった。前年同月比は13.5%増と、2か月ぶりに前年実績を上回った。

ホンダの2015年度(2015年4月から2016年3月)のインド新車販売は、前年比2%増の19万2059台。3年連続で販売記録を更新している。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 自転車用スマートヘルメット登場…ドラレコ&Bluetoothスピーカー内蔵
  2. BMW 1シリーズ、180台限定の「インディビジュアルエディション」発売
  3. ホンダ シビック 「Si」新型、200馬力ターボに「タイプR」のテクノロジー…米国発表
  4. センターピラーレスの軽自動車、安全性の問題は? そして今後の展開は?
  5. 【マツダ2 新型試乗】これってホントにマイナーチェンジですよね?…竹岡圭
  6. 岐阜県の貨物鉄道・西濃鉄道に改善指示…杜撰な保安取扱いや検査などが判明
  7. 日産『キャラバン』のガソリン車がビッグマイナー、アウトドア需要増で個人向け装備充実
  8. 宮崎県の日南線、9月27日から青島折返しに…9月21日には59分早発するミスも
  9. 寝台特急『サンライズ』が乗務員扉を開いたまま走行…原因は車掌の施錠ミス
  10. 【日産 キャラバン 新型試乗】ガソリン車が変わった!商用バンと思えぬ静粛性に驚く…諸星陽一
ランキングをもっと見る