JR西日本『瑞風』、葉加瀬太郎さんがアンバサダーに…東京で発表会

鉄道 企業動向
『瑞風』アンバサダーに就任した葉加瀬太郎さん(右)と、JR西日本の室博・営業本部長(左)。
『瑞風』アンバサダーに就任した葉加瀬太郎さん(右)と、JR西日本の室博・営業本部長(左)。 全 5 枚 拡大写真
JR西日本は9月12日、2017年春の運行開始を予定しているクルーズ・トレイン『TWILIGHT EXPRESS 瑞風』のアンバサダーに、バイオリニストの葉加瀬太郎さんが就任したと発表した。同日、帝国ホテル(東京都千代田区)で就任発表会が開かれた。

葉加瀬さんはJR西日本のエリアである大阪府吹田市出身。毎日放送制作のドキュメンタリー番組「情熱大陸」のテーマ曲を制作したことなどで知られる。就任発表会ではNHK朝の連続テレビ小説「てっぱん」に提供したテーマ曲「ひまわり」を演奏した。

JR西日本によると、葉加瀬さんには『瑞風』が運行する山陽・山陰エリアの魅力を発信してもらうとともに、『瑞風』のコンセプトである「美しい日本をホテルが走る」をイメージした楽曲を制作してもらうという。葉加瀬さんは会見で「“風”を感じられる曲を作りたい。最初の2小節のイメージはできている」「車内での演奏イベントができればいいと思う」などと話した。

アンバサダーの就任発表会をJR西日本の営業エリアや『瑞風』の運行エリアから外れた東京で開催したことについて、同社は「首都圏でも『瑞風』の良さを伝えたかったため」(瑞風推進事業部)などとしている。背景には「首都圏では『瑞風』の知名度が低い」(関係者)という“焦り”もあるようだ。

JR西日本営業本部の室博本部長は会見で「今までは大阪で『瑞風』関係の発表会を行ってきたが、今後は東京でも発表会を行うようにしたい」などと話し、首都圏でのPR活動を強化していく方針を示した。料金などは12月末までに発表される見込みだ。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 小田原へ里帰りすることになった元小田原市内線の150形151号。大正生まれの貴重な路面電車だ。
  • 新快速(同型車)
  • JR九州版N700Sのエクステリアイメージ。裾部にJR九州のコーポレートカラーを使ったラインを入れて引き締めている。
  • 新冠~静内間を行くキハ160形気動車。日高本線用として1997年6月から運行を開始したが、ハイブリッド動力の試験に供与された後、2013年に廃車となった。2000年4月30日。
  • 阿佐海岸鉄道の気動車。DMV導入後は引退する。
  • 2015年1月、高波で被災した当時の日高本線厚賀~大狩部間。
  • トラッカーとスマートフォンの活用で、遺失物窓口の負担をどれだけ減らせるのか? 写真はJR東日本東京駅。
  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。

ピックアップ

Response.TV