JR西日本、関西空港駅の窓口を増設…インバウンド対応

鉄道 企業動向
関西空港駅の新しい切符売場のイメージ。一つのフロアに集約するとともに窓口を増やす。
関西空港駅の新しい切符売場のイメージ。一つのフロアに集約するとともに窓口を増やす。 全 2 枚 拡大写真
JR西日本は9月12日、関西国際空港内にある関西空港駅(大阪府田尻町)の販売体制を強化すると発表した。訪日外国人客の増加に伴い、切符売場の窓口の増設などを行う。

発表によると、JRの指定席券などを販売できる有人窓口「みどりの窓口」は二つのフロアに分かれているが、これを一つのフロアに集約。窓口自体も六つ増やして最大で14窓口にする。多言語対応の新型自動券売機「HT50型」は2台増設して5台にする。

このほか、外国語で対応できる窓口を増やしたり、一部の窓口で宿泊施設の予約に対応したりする。

販売体制の強化は2017年3月の予定。JR西日本は「国内外からご到着の多くのお客様に、JR西日本の関西空港駅をさらに快適にご利用いただけるよう、販売機能を増強する」としている。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 北海道・東北新幹線H5系の車内。E5系やE7系、W7系とともに4以上の車椅子用フリースペースを設けることとされている。
  • 南側の新駅外観イメージ。
  • 都営三田線の車両としては三代目となる6500形。6300形より角ばった前面形状で、ユニバーサルデザインを採り入れた「人に優しい車両」となる。編成両数は6300形より2両多くなり、1本あたりの輸送力を増強。
  • 奥羽本線での運行を最後に引退した583系の見学ができるJR東日本秋田総合車両センターのオンライン見学会。秋田総合車両センターには先頭車のクハネ583-17が在籍している。
  • キハ40系が五能線へ投入されたのは1977年のことで、耐寒耐雪タイプの500番台が運用されている。
  • 小田原へ里帰りすることになった元小田原市内線の150形151号。大正生まれの貴重な路面電車だ。
  • 新快速(同型車)
  • JR九州版N700Sのエクステリアイメージ。裾部にJR九州のコーポレートカラーを使ったラインを入れて引き締めている。

ピックアップ

Response.TV