【テスラ モデルX】“ファルコンウィング”とディティールを動画&写真で見る

エコカー EV
テスラ モデルX
テスラ モデルX 全 52 枚 拡大写真
テスラ第3の車種となる大型SUV『モデルX』が国内販売を開始する。電気自動車SUVの市販は、国内初。一回の充電で542km(NEDC推定航続距離)を走行可能、さらに電動による「ファルコンウィング」後席ドアを備えるなど、エポックメイキングな1台だ。

ボディサイズは全長5037×全高1680(ドア開状態:2200)×全幅2070mm、ホイールベースは2965mmと、ラウンドデザインの見た目以上に大柄。エクステリア最大の特徴は、やはり後席のファルコンウィングドア。電動開閉が可能で、二重ヒンジとなっており、天井部まで開口することで2列目、3列目シートへのアクセスを容易にした。

インテリアデザインの多くは『モデルS』と共通で、大型のタッチパネルディスプレイも備える。フロントウインドウから天井まで続く全面ガラス製の「パノラミック・ウインドシールド」とファルコンウィングによって、明るく開放感のある室内空間とした。

モデルXはデュアルモーターを備えたAWDで、バッテリーサイズにより4グレードを揃える。最上級の「P100D」は、最高出力539ps、最大トルク967Nmを発揮。0-100km/h加速は3.1秒と、2468kgの大型SUVとは思えぬロケットのような怒濤の加速を実現した。

また、モデルS同様「オートパイロット」にも対応。高速走行時に条件を満たすことで、前車追従、車線維持をおこなうほか、走行時にウィンカーを操作するだけで車線変更も可能(センサーにより前後の安全を確認後に車線変更)となっている。

日本での販売価格は895万円からで、現時点での予約分は2017年前半以降に納車の予定。


《宮崎壮人》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  2. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
  3. 【ホンダ シビック 新型試乗】“G”世代にも響く?ドライバー重視の仕上がり…島崎七生人
  4. トヨタ クラウン 次期型、確定デザイン…FF? 4WD? SUV? 決着!!
  5. 新型ドラレコ、3カメラで前後左右さらに車内をフルハイビジョン録画 セルスターが発売
  6. BMW X7、西陣の色彩芸術を取り入れた限定モデル発表…価格は1680万円
  7. シトロエン C4 新型、フランス本国では市場セグメントで販売首位
  8. ホンダ シビック 新型、生産開始…米で初めてハッチバック組み立て
  9. これが日産の本気!コンパクトカーの概念を覆すノート オーラの真髄を女子編集者と中谷明彦がロングドライブで検証してみた!PR
  10. ホンダの電動SUV『プロローグ』、年間7万台販売へ…2024年北米発売予定
ランキングをもっと見る