【CEATEC 16】スタンレー電気、車載インテリア/エクステリア向け可視光LEDなど紹介

自動車 ビジネス 企業動向
スタンレー電気ブースイメージ
スタンレー電気ブースイメージ 全 1 枚 拡大写真
スタンレー電気は、10月4~7日に幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2016」に出展すると発表した。

同社ブースでは、「未来の光で暮らしを豊かにする」をテーマに、「利便・快適」、「安全・安心」、「MEMS ZONE」の3つのコーナーに、照明デザイナーの石井幹子氏の監修による「照明ゾーン」の1コーナーの4つのコーナーに分けて展示する。

「利便・快適」コーナーでは、民生。産業機械向け可視光LED、色調可変フラッシュライト、超小型MEMSレーザープロジェクター、「安全・安心」コーナーには、超小型TOF、車載インテリア・車載エクステリア向け可視光LED、「MEMS ZONE」コーナーにはMEMSレーザー照明などを展示する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • CEATEC 2020 ONLINE のエントランス
  • CEATEC
  • 「生活者が求めるMaaSとは何か」東京は魅力的な市場。日本独自のMaaSの進化を…東京モーターショー2019 / CEATECリレーカンファレンス
  • 「Seamless Smart Mobility Solution」コクピット
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ