軽自動車販売、ダイハツ5か月連続トップで2年連続年間首位へ盤石 9月ブランド別

自動車 ビジネス 国内マーケット
ダイハツ タント
ダイハツ タント 全 2 枚 拡大写真
全国軽自動車協会連合会が発表した9月の軽自動車ブランド別新車販売台数によると、ダイハツが前年同月比8.0%減ながら4万9854台で、5か月連続トップとなった。

2位スズキは同5.7%減の4万7962台で、首位ダイハツとの差は1892台。しかし2016年累計では、すでに約4万台離されている。3位ホンダは同0.7%減の3万2064台だった。7月より『デイズ』『eK』シリーズの生産を再開した三菱と日産だが、ともに前年同月より2割以上の減少と、苦戦が続いている。

1位:ダイハツ 4万9854台(8.0%減)
2位:スズキ 4万7962台(5.7%減)
3位:ホンダ 3万2064台(0.7%減)
4位:日産 1万3883台(26.6%減)
5位:三菱 5529台(21.6%減)
6位:マツダ 4060台(9.1%減)
7位:スバル 3368台(6.0%減)
8位:トヨタ 2998台(35.2%増)

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ CBR250RR<ABS> (参考画像)
  • カワサキ Z900RS(キャンディトーングリーン)
  • ホンダN-BOX
  • ホンダ N-BOX / N-BOXカスタム
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 アウトランダー 次期型 予想CG
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/10/03/282894.html/article/2016/10/03/282893.html/article/2016/10/03/282895.html