バスの指定運行経路ナビゲーションなど…所沢で実証実験中

自動車 テクノロジー ITS
ところバス
ところバス 全 3 枚 拡大写真
西武バスとナビタイムジャパンは、所沢市内循環バス「ところバス」における、「指定運行経路のナビゲーション」および「バスロケーションシステム」のトライアル実証実験を開始した。

実証実験は、GPSを搭載したスマートフォン端末を「ところバス」車両に設置して、アプリにて路線バス専用のナビゲーションを表示し、運行ルートの間違いを防止するなど運転業務の確実性を向上。同時に、スマートフォン端末から取得したバス車両の位置情報をもとに、運行管理者がリアルタイムにバスの走行位置情報を把握することで運行管理業務の効率化を図る。

路線バス専用のナビゲーションを表示する「指定運行経路のナビゲーション」機能は、今回の実験のために西武バスとナビタイムジャパンが協力して新たに開発したもので、実験の実施予定期間である12月28日までの間、その機能の有効性を確認する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アプリ開発イメージ画面
  • トラックカーナビ、音声注意喚起機能に「車高」情報を追加
  • カーナビタイム プレミアムプラスコース
  • バス路線図
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ