【国際航空宇宙展16】A380&A350XWB の豪華客室を“巨人視線”で見た

航空 エンタメ・イベント
エアバスグループ(2016年国際航空宇宙展、10月12~15日開催)
エアバスグループ(2016年国際航空宇宙展、10月12~15日開催) 全 12 枚 拡大写真
エアバスは、新型ワイドボディ機『A350 XWB』と総2階大型機『A380』の1/20模型を展示。外板の一部をクリアボディとしたカットモデルで、ファースト・ビジネス・プレミアなどの各クラス、シャワールームなども“巨人になった気分”で一望できる。

サイズは機体長が一般的な大人の高さと同じほど。そのポートサイドの客室ドアまわりをクリアボディにし、客室内が“丸見え”に。

A350 XWB モデルは、コックピット直後のルーフ部分に仮眠用ベッドが見え、その後ろにファーストクラス(3列)の客室が続く。ファーストクラス付近のデッキには、カウンターバーもある。ワイドボディ機からか、ビジネスクラスは4列、ハの字の列が通路を挟んで2セットあるかたち。A380 は、コックピット直後の2階部分にシャワールームも見えた。

リアルな A350 XWB については、たとえば日本航空(JAL)が2013年に31機(A350-900が18機、A350-1000が13機)とオプション25機を購入する契約を締結。JAL初のエアバス機で、日本の航空会社でA350 XWBを運航させる初めての航空会社に。2019年から順次導入する予定。

この A350 XWB に投入された設計コンセプト「Airspace by Airbus」を体験できるVRコーナーにも行列ができていた。

《大野雅人》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/10/13/283509.html/article/2016/10/13/283508.html/article/2016/10/13/283510.html