【国際航空宇宙展16】東京湾ぐるっとOK、ヤマハの無人航行ヘリ

航空 テクノロジー
ヤマハ発動機(2016年国際航空宇宙展、10月12~15日開催)
ヤマハ発動機(2016年国際航空宇宙展、10月12~15日開催) 全 4 枚 拡大写真
ヤマハ発動機は、2017年4月から市場投入する自動航行型無人ヘリコプター「FAZER R G2」を展示。従来モデルより大幅向上した積載能力・運用高度・航行時間を実現し、計測・観測・監視・撮影・運搬など、産業用途向けに機体レンタル、業務受託を始める。

FAZER R G2 は、人員が到達できない場所、目視が困難なエリアなど、“無人地帯”での自動飛行を担う産業用ドローン。最大積載量35kg、高度2800m、航続距離90kmで、先代モデル「G1」が10kg・1000m・3kmだから、「実用性・機能性ともに大幅に進化した」という。

実用高度が2800m(燃料半分の6リットルの状態)となり、浅間山、十勝岳、草津白根山、阿蘇山といった高地での運用も可能に。また、先代モデルの3kmから30倍も延びた航続距離により、「たとえば東京・丸の内から東京湾を横断して木更津で折り返し、幕張メッセを経由し東京ビッグサイトへ到着するというルートも、このモデルなら可能」。

また操作は、「基地局操縦装置」といわれるノートPC一体型の操作盤で行い、離発着は、キーボード脇のジョイスティックなどでマニュアル操作し、離陸後は事前に入力したプログラムで可視外エリアを含めた飛行ルートを自動操縦。

「モニターで遠隔監視できるので、なにか障害物やトラブルがあったさいはマニュアル操作に切り替えることもできる」。PCモニターには、実際に離島から一直線に往復した軌道と、高度・方位・速度・エンジン回転数などのメータ類が表示されていた。

搭載される原動機は、390cc4サイクル2気筒水平対向エンジン。レギュラーガソリン仕様で12リットルが収まる。

《大野雅人》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジェイテクトの高耐熱リチウムイオンキャパシタ
  • スバルのブース
  • SUBARU BELL 412EPX
  • 川崎重工業の高性能多用途双発ヘリコプター「BK117 D-2」
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真
  • レクサス LC500 インスピレーション シリーズ 2020年モデル Nori Green

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/10/13/283532.html/article/2016/10/13/283531.html/article/2016/10/13/283533.html