「全面禁止」サムスン製ギャラクシーノート7の航空機内持ち込み…国交省

航空 行政
ギャラクシーノート7
ギャラクシーノート7 全 1 枚 拡大写真
国土交通省は、サムスン電子社製ギャラクシーノート7の航空機への持ち込みを全面的に禁止したと発表した。

ギャラクシーノート7は日本では未発売だが、発火事案が発生しており、改修品も同様の事案が継続発生している。

米国FAAは、10月15日早朝(米国時間で14日夕刻)、同製品について、電源を切った状態でも機内への持ち込みを全面的に禁止する指示を発出した。

日本も同様の措置を講じることとし、国内の航空会社に対して指示した。9月9日以降、同製品は、機内で電源を切ること、充電しないこと及び預け荷物としないことを要請していた。今回の措置により、同製品は機内への持ち込み、受託手荷物としての預け入れを含めて全面的に航空機への持ち込みができなくなる。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 事業許可されたスマートインターチェンジ
  • リコールステッカー
  • オンラインで意見交換する日笠大臣官房審議官
  • 車両用ディーゼルエンジンを転用して排水ポンプ開発を目指す技術研究会の概要
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG

ピックアップ

Response.TV