【技能五輪16】トヨタ紡織、初の金メダル獲得

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ紡織は、10月21日から24日まで、山形県の総合運動公園を含む県内14会場で開催された「第54回技能五輪全国大会」に出場し、同社初の金メダルを獲得した。

金メダルを獲得したのは、「メカトロニクス」職種に参加した岡野祥磨選手と佐藤健太選手。両選手は2017年10月にアラブ首長国連邦(UAE)・アブダビで開催される「第44回技能五輪国際大会」の日本代表として出場する。

技能五輪全国大会は青年技能者の技能レベルの日本一を競う技能競技大会で、1963年から開催されている。2016年の全国大会には、41職種に47都道府県から約1300名が参加し技を競い合った。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ