【ロサンゼルスモーターショー16】三菱 eXコンセプト、北米初公開へ

自動車 ニューモデル モーターショー
三菱 eX コンセプト
三菱 eX コンセプト 全 1 枚 拡大写真
三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカは10月25日、米国で11月14日に開幕するロサンゼルスモーターショー16において、『eXコンセプト』を北米初公開すると発表した。

同車は2015年秋、東京モーターショー15でワールドプレミア。次世代EVシステムによる優れた環境性能、力強く滑らかな加速性能、圧倒的な静粛性、ツインモーター4WD及び車両運動統合制御システムのS-AWCによる意のままの操縦性と卓越した安定性、先進の予防安全技術とコネクティッドカー技術の連携による高速道路での準自動運転と駐車場での自動運転を実現する小型SUVのコンセプトカー。

次世代EVシステムは、エネルギー密度を大幅に向上させた第二世代バッテリーと前後それぞれに配した小型・高出力モーターなどで構成。システム全体の軽量・高効率化だけでなく、車体側でも軽量化を徹底的に推進することで、航続距離400kmを達成した。

モーターは前後それぞれ95ps、合計190psを発生。力強く滑らかな、EVならではの加速感を存分に楽しむことを可能にする。

また、ツインモーター4WDをベースに、フロントはブレーキ制御、リアは左右のトルク移動を行う機構、「AYC」(アクティブ・ヨー・コントロール)を設けた車両運動統合制御システム、「S-AWC」(スーパー・オール・ホイール・コントロール)を採用。これにより、左右トルク移動機構を搭載することで、後輪の駆動力を自在に制御し、意のままの操縦性と卓越した安定性を実現している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV