VWグループ、黒字回復 第3四半期決算

自動車 ビジネス 企業動向
VWグループのドイツ本社
VWグループのドイツ本社 全 1 枚 拡大写真
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループは10月27日、2016年第3四半期(7~9月)の決算を公表した。

同社の発表によると、アウディやポルシェ、セアト、シュコダなどを含めたグループ全体の総売上高は、519億9700万ユーロ(約5兆9500億円)。前年同期の514億8700万ユーロに対して、1%の増加となった。

また、第3四半期の最終損益は、23億3700万ユーロ(約2675億円)の黒字。前年同期の16億7300万ユーロの赤字から、黒字に転じた。これで黒字は、3四半期連続。前年同期の赤字は、排ガス不正問題関連の費用の影響。

黒字回復を遂げた要因は、傘下のポルシェやシュコダの新車販売が好調だったのが大きい。とくに、高級スポーツカーのポルシェは、高い収益性を備えており、フォルクスワーゲングループの黒字決算に貢献した。

2016年第3四半期の世界新車販売は、249万3000台。前年同期比は4.2%増だった。フォルクスワーゲングループ取締役会のマティアス・ミューラー会長は、「今回の決算は、フォルクスワーゲングループの各ブランドの強さを示すもの」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアントTDI ハイライン。鹿児島の磯海水浴場にて。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ・ヴァリアント 新型
  • フォルクスワーゲン ID.4 のプロトタイプ
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ・オールトラック 新型
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ