トヨタ、モビリティサービス・プラットフォームの構築を推進

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタのモビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)
トヨタのモビリティサービス・プラットフォーム(MSPF) 全 1 枚 拡大写真
トヨタ自動車は10月31日、トヨタスマートセンター、トヨタビッグデータセンター、金融・決済センターの上位に、モビリティサービスに必要とされる様々な機能を備えたモビリティサービス・プラットフォーム(以下、MSPF)の構築を推進すると発表した。

MSPFは、トヨタがこれまでライドシェアなどのモビリティサービス事業者と提携する際、開発、提供していた車両管理システムやリースプログラムといった個別の機能を包括したプラットフォーム。今回の発表は、カーシェア等のモビリティサービスの普及を踏まえたもの。

今後、提携する事業者は、このプラットフォーム内の機能をサービス内容に応じて利用する。これにより、いっそう便利で細やかなサービスを顧客に提供していくことが可能になる。

さらにトヨタは今後、このMSPFをカーシェアやライドシェアといったモビリティサービスのほか、テレマティクス保険など、様々なサービス事業者との連携に活用していく。

トヨタの専務役員で「コネクティッドカンパニー」の友山茂樹 社長は、「トヨタはモビリティサービス・プラットフォーマーとして、あらゆる企業、サービスとオープンに連携し、より便利で安心な移動を顧客に提供するべく、新たなモビリティ社会の創造へ貢献していきたい」と語っている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・アーバンクルーザー
  • トヨタ e-Palette
  • トヨタ・ヤリスクロス
  • メルセデスAMG G65 vs アイコン FJ44
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ