軽自動車販売、ダイハツ6か月連続トップ 10月ブランド別

自動車 ビジネス 国内マーケット
ダイハツ・ムーヴキャンバス 〈撮影 高木啓〉
ダイハツ・ムーヴキャンバス 〈撮影 高木啓〉 全 2 枚 拡大写真
全国軽自動車協会連合会が発表した10月の軽自動車ブランド別新車販売台数によると、ダイハツが前年同月比0.4%増の4万6765台で、6か月連続トップとなった。

2位スズキは同7.4%減の4万0963台で、首位ダイハツとの差は5802台。2016年累計では約4万5000台の差があり、ダイハツの2年連続トップはほぼ確実な情勢となっている。

1位:ダイハツ 4万6765台(0.4%増)
2位:スズキ 4万0963台(7.4%減)
3位:ホンダ 2万4507台(4.0%増)
4位:日産 1万1685台(12.7%減)
5位:三菱 3895台(1.4%増)
6位:マツダ 2899台(0.4%減)
7位:トヨタ 2896台(29.7%増)
8位:スバル 2256台(7.5%減)

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダN-BOX
  • ホンダ N-BOX、N-BOXカスタム
  • カワサキ Z900RS
  • スズキ・ハスラー
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ