ホンダ、米オハイオ州に投資…データと品質センター建設へ

自動車 ビジネス 企業動向
ホンダの米オハイオ工場
ホンダの米オハイオ工場 全 1 枚 拡大写真
ホンダは10月31日、米国オハイオ州に5800万ドル(約60億円)を投資すると発表した。

今回の投資は、オハイオ州中央部に2つの新施設を建設するのが目的。オハイオ・データセンターと北米クオリティセンターを建設する。

オハイオ・データセンターは、コロラド州デンバー郊外にある施設と同様。主要な情報テクノロジーを自社開発するための施設となり、北米におけるデータ蓄積容量の拡大を図る。

北米クオリティセンターは、複数のホンダの組織を集約する施設。ホンダ製品の品質を担当する従業員の拠点となり、顧客からの要望に素早く効率的に応えていく。

2つの新施設は、2017年初頭に完成する見通し。北米ホンダのRick Schostek上級副社長は、「北米からのデータに対する世界の期待は、年々増している。新たなデータセンターは、この責任を果たすのに役立つだろう」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • みなみ寄居駅のイメージなどがデザインされた開業記念乗車券。
  • トヨタ・ヤリス・ハイブリッド 新型(欧州仕様)
  • マツダ MX-3 だけじゃない!観音開きドアを採用した7台。写真はマツダ RX-8
  • レオン・ハスラム選手の走り
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV