スズキ バレーノ、インド累計販売10万台…1年で到達

自動車 ビジネス 海外マーケット
スズキ バレーノ
スズキ バレーノ 全 4 枚 拡大写真
インドの乗用車市場で、最も高いシェアを握るスズキの子会社、マルチスズキは10月、『バレーノ』のインド国内累計販売が10万台に到達した、と発表した。

『バレーノ』は、スズキの新世代コンパクトカー。マルチスズキは2015年10月、バレーノをインドで発売した。新たに立ち上げられた高級販売店、「NEXA」が取り扱う。インドでは、プレミアムハッチバック車に位置付けられる。

インド向けのバレーノは、1.2リットルガソリンエンジンと1.3リットルディーゼルエンジンを搭載。燃費性能の高さや広い室内空間、クラスをリードする充実した装備が売りとなる。

今回、このバレーノが、インド国内累計販売10万台を達成。インドでの発売から1年で、販売台数が10万台に到達した。この他、日本や欧州を含む世界へ、3万3800台が輸出された。

マルチスズキのR S Kalsiエグゼクティブディレクターは、「バレーノはインドで最も成功を収めた車のひとつ。インド製自動車の象徴」とコメントしている。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  2. 【シトロエン C3エアクロス 海外試乗】マイチェンを経てなお、成熟したスモールSUV…南陽一浩
  3. 【ホンダ シビック 新型試乗】硬質感ある乗り心地も、走るほどに好感触…中村孝仁
  4. 新型『インテグラ』はターボチャージャーエンジン搭載?…今週読まれた記事ランキング
  5. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  6. 【トヨタ GR 86 & スバル BRZ 新型試乗】私がラリーで使うなら『BRZ』を選ぶかな…竹岡圭
  7. ポルシェ タイカン、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアンと共演…30年前の未来が現実に[動画]
  8. 最近のクルマはなぜステアリングが太いのか?
  9. 大型タブレットを設置&充電、ドリンクホルダー設置型車載ホルダー登場
  10. ランドローバー レンジローバー 新型、10月26日デビューが決定
ランキングをもっと見る