ダブル連結トラックの実験を11月22日から開始…SA・PAを利用した中継輸送も

自動車 社会 行政
今回のフィールド実証
今回のフィールド実証 全 3 枚 拡大写真
国土交通省は、11月22日に車両長21mのダブル連結トラックの実験を開始する。

国交省では、トラック輸送の省人化を促進し、生産性向上を図るため、1台で通常の大型トラック2台分の輸送が可能な「ダブル連結トラック」の導入を目指している。10月19日に実験参加者を公募し、実験準備が整ったことから新東名高速道路を中心とするフィールドで実験を開始する。

実験で省人化や交通流への影響などのデータを収集する。あわせて高速道路のSA(サービスエリア)・PA(パーキングエリア)を活用した中継輸送の実験も実施する。

実験は、特車許可基準の緩和前の最大値である車両長21mのダブル連結トラックを使って埼玉県狭山市~愛知県豊田市を1日2台、群馬県太田市~三重県鈴鹿市を1日4台それぞれ運行する。

高速道路のSA・PA を活用した中継輸送実験は11月22日に新東名・清水PAで実施する。

実験参加者は引き続き公募しており、順次実験車両を追加する予定。

また、21m超~25m車両についても現在、民間事業者で開発に向けた検討が進められている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 超小型電気自動車(EV)「日産ニューモビリティコンセプト」
  • 東京駅では危険物探知犬を使用した実証実験を実施。
  • G空間EXPO 2019
  • 最優秀賞「ぼくの夢は…わたしは将来…整備士になりたい!」
  • メルセデスAMG GLA45 開発車両(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズEV(i7)開発車両スクープ写真
  • アウディ Q5 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ。写真は右ハンドル仕様だ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/11/21/285720.html/article/2016/11/21/285719.html/article/2016/11/21/285721.html