BMW、ダイムラー、VW、フォード…超急速充電ネットワークの整備で協力

エコカー EV
急速充電のコンボを利用して充電するBMW i3
急速充電のコンボを利用して充電するBMW i3 全 1 枚 拡大写真
BMWグループ、ダイムラー、フォルクスワーゲングループ(アウディとポルシェを含む)、フォードモーターの4社は11月29日、欧州における超急速充電ネットワークの整備に向けて協力することで合意した、と発表した。

この充電ネットワークは、現行のものを上回り、最大で出力350kWという超急速で充電できるのが特徴。2017年から設置に着手し、欧州のおよそ400か所に、充電ステーションを整備する。

2020年までには、この超急速充電ネットワークを、欧州で数千か所へと拡大させる計画。現行のシステムと比較して、充電時間を大幅に短縮できるという。

自動車4社は、次世代のEVの開発を進めており、順次、市場に投入する方針。新たな超急速充電ネットワークの整備が、EVの長距離走行を可能にし、EVの普及を促進させることにつながると見込む。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日本国内で初めて走る姿を披露したソニーのコンセプトEVモデル「VISION-S」
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • Delta EV Charging Station
  • ホンダ e
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ