秋田・男鹿線の蓄電池電車、12月中旬から性能評価…2017年春デビューへ

鉄道 テクノロジー
EV-E801系の外観イメージ。12月中旬から性能評価などを実施し、2017年春のデビューに向け準備を進める。
EV-E801系の外観イメージ。12月中旬から性能評価などを実施し、2017年春のデビューに向け準備を進める。 全 2 枚 拡大写真
JR東日本秋田支社は12月2日、男鹿線(秋田県)に導入するEV-E801系蓄電池電車の性能評価や技術的検証を12月中旬から行うと発表した。2017年春の営業運転開始に向け準備を進める。

秋田支社は2015年11月、JR九州が当時開発中だった蓄電池電車のBEC819系をベースにしたEV-E801系を導入すると発表。2017年春から奥羽本線・男鹿線の秋田~男鹿間で営業運転を始めるとしていた。BEC819系は今年10月から筑豊本線(若松線)で営業運行を開始している。

秋田支社の今回の発表によると、12月中旬から秋田地区で性能評価や技術的検証を実施。2017年春の営業投入を目指す。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • この年末年始から青函トンネルでの210km/h走行が始まる北海道新幹線。
  • DMV導入により引退することになった、阿佐海岸鉄道の気動車。
  • 嬉野(うれしの)温泉駅(仮称)付近の建設現場。
  • 静岡県と長野県の県境にかかる、被災直後の飯田線小和田~中井侍間。
  • 福島駅で発車を待つ郡山方面への東北本線普通列車。9月24日は15時頃からの減便が計画されている。
  • 「ありがとう万代口駅舎」惜別プロモーションのメインビジュアル。
  • かつてのキハ400・480形に使われていた宗谷線急行色となったキハ40 1747.
  • 9月11日の運行開始に際し、京都駅31番のりばで行なわれた『WEST EXPRESS 銀河』の出発式。

ピックアップ