【エコプロ16】石巻の梱包資材メーカーがつくった“ダンボルギーニ”に来場者絶賛

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
今野梱包が製作した“ダンボルギーニ”
今野梱包が製作した“ダンボルギーニ” 全 5 枚 拡大写真
東京ビッグサイトで開催された「エコプロダクツ2016」で来場者が絶賛したものがあった。それは今野梱包(本社・宮城県石巻市)が製作した『ダンボルギーニ』と名付けられた、段ボール製ランボルギーニだ。

なにしろ遠くから見ると、本物のランボルギーニが展示してあるように見えるからだ。大きさは全長4780mm、全幅2030mm、全高1136mmと本物と全く同じで、重量は約70kg。種類の違う段ボールを約50枚(1枚=1m×1m)使用してつくり上げたそうだ。

「製作期間は3年で、工場の従業員6人が空いた時間を利用してつくったんですが、非常に苦労し、何度もつくり直しました」と今野英樹社長は話す。

最初は小さいものからつくり、徐々にスケールアップして現物に近づけていったが、本物そっくりにするために何度も画像などを確認したそうだ。なかでもタイヤの部分が難しく、時間がかかったという。

「反響がものすごいですよ。売ってほしいという声が続出していますが、これは絶対に売りません」と今野社長は話し、「小さなものを5万円で売っているので、そちらを買ってほしい」と付け加える。

同社のブースにはこのダンボルギーニのほかに、段ボールでつくった工具なども展示され、どれも本物そっくりで、モンキーレンチはちゃんと動くようになっている。「どうせつくるのなら、とことん本物に近いものをつくるようにしています」と今野社長は強調していた。

《山田清志》

ピックアップ