シボレー ボルトEV、第一号車を納車

エコカー EV
シボレーボルトEVの第一号車を米国で引き渡し
シボレーボルトEVの第一号車を米国で引き渡し 全 1 枚 拡大写真
米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドは12月13日、『ボルトEV』の量産第一号車を顧客に引き渡した。

ボルトEVは2016年1月、米国で発表。小型の5ドアハッチバックボディのEV。シボレーは、プラグインハイブリッド車(PHV)の『ボルト』もラインナップしており、ボルトEVの投入で、電動化車両のラインナップを強化する。

ボルトEVは、高性能なモーターを1個だけ搭載。最大出力は200hp、最大トルクは36.8kgmを引き出す。強力なモーターは、0-96km/h加速7秒以下の性能を発揮する。

二次電池は、韓国LGエレクトロニクスと共同開発した蓄電容量60kWhのリチウムイオンバッテリー。1回の充電での最大航続可能距離は、383km。急速チャージャーを使えば、145km程度の走行に必要なバッテリー容量を、およそ30分で充電できる。

シボレーは12月13日、ボルトEVの量産第一号車を、顧客に引き渡し。米国カリフォルニア州サンフランシスコ在住のボビー・エドモンド氏に納車された。

同氏がシボレーの電動車両を購入したのは、『スパークEV』、ボルトに次いで3台目。なおボルトEVは、BMW『i3』からの乗り換えになるという。同氏は、「i3と比較して、長い距離を走行できるのが楽しみ」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・プリウスPHV(米国名:プリウス・プライム)
  • シボレー・ボルトEV
  • トヨタ・プリウスPHV(米国名:プリウス・プライム)
  • 北米カーオブザイヤーを受賞したGMのシボレーボルト EV(デトロイトモーターショー2017)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/12/15/287049.html/article/2016/12/15/287048.html/article/2016/12/15/287050.html