シボレー ボルトEV、第一号車を納車

エコカー EV
シボレーボルトEVの第一号車を米国で引き渡し
シボレーボルトEVの第一号車を米国で引き渡し 全 1 枚 拡大写真
米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドは12月13日、『ボルトEV』の量産第一号車を顧客に引き渡した。

ボルトEVは2016年1月、米国で発表。小型の5ドアハッチバックボディのEV。シボレーは、プラグインハイブリッド車(PHV)の『ボルト』もラインナップしており、ボルトEVの投入で、電動化車両のラインナップを強化する。

ボルトEVは、高性能なモーターを1個だけ搭載。最大出力は200hp、最大トルクは36.8kgmを引き出す。強力なモーターは、0-96km/h加速7秒以下の性能を発揮する。

二次電池は、韓国LGエレクトロニクスと共同開発した蓄電容量60kWhのリチウムイオンバッテリー。1回の充電での最大航続可能距離は、383km。急速チャージャーを使えば、145km程度の走行に必要なバッテリー容量を、およそ30分で充電できる。

シボレーは12月13日、ボルトEVの量産第一号車を、顧客に引き渡し。米国カリフォルニア州サンフランシスコ在住のボビー・エドモンド氏に納車された。

同氏がシボレーの電動車両を購入したのは、『スパークEV』、ボルトに次いで3台目。なおボルトEVは、BMW『i3』からの乗り換えになるという。同氏は、「i3と比較して、長い距離を走行できるのが楽しみ」とコメントしている。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ シビック タイプR 新型のデザインはこれで決定!? トリプルエキゾーストの迫力
  2. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】華美な豪華さはないけれど…竹岡圭
  3. スバル『WRXスポーツワゴン』登場へ、正体は2.4ターボ搭載のレヴォーグ 2022年豪州発売
  4. トヨタ純正ディスプレイオーディオの交換って、可能?[サウンドユニット セッティング法]
  5. トヨタ ハイランダー、RAV4 の兄貴分に2022年型…ハイブリッド専用の新グレード登場
  6. マツダ CX-5 改良モデルを、発表前にチェックできる特別内見会 全国3か所で
  7. コロナ禍で「納期の遅れ」顕著に…新車の乗り換え時に注意すべきことは?
  8. これはいいニコイチ:ジムキャリィとジムリィ…アソモビ2021
  9. VW ゴルフ のセダン版『ジェッタ』、新エンジン搭載…高速燃費が向上[写真19点]
  10. カーゴ専用トウバーマウントキャリア発売…300Lサイズで折り畳み可能 THULE
ランキングをもっと見る