米10ベストエンジン2017、日本車は3車種

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
マツダ CX-9
マツダ CX-9 全 4 枚 拡大写真
米国の『ワーズオートワールド』誌は12月12日、「10ベストエンジン2017」のリストを発表した。日本メーカーでは、3車種が選出された。

10ベストエンジンは1995年から開催されており、今年が23回目。「エンジンオスカー」と称されるように、エンジン性能に着目して優秀な10車種を選ぶ賞で、エンジンのエンターテインメント性や環境性能などに着目して、同誌の編集者が10エンジンを選出する。

選考条件は、2016年3月まで米国市場で継続して販売されること。また、車両価格は6万2000ドル(約715万円)以下。よって、フェラーリやランボルギーニ、日産『GT-R』などのスーパーカーは除外される。

10ベストエンジン2017の日本メーカー3車種は、以下の通り。

ホンダ『アコード ハイブリッド』
インフィニティ『Q50』(日本名:日産『スカイライン』)
マツダ『CX-9』

このうち、ホンダ アコード ハイブリッドは米国仕様の場合、2.0リットル直列4気筒ガソリンアトキンソンサイクルエンジンに2個のモーターを組み合わせる。モーターは、最大出力212hp、最大トルク32.1kgmを引き出す。

また、新型マツダCX-9には、新開発の「SKYACYIV-G 2.5T」を採用。先代の自然吸気の3.7リットルV型6気筒ガソリンからダウンサイズした2.5リットル直列4気筒ガソリンターボは、最大出力250hp/5000rpm、最大トルク42.8kgm/2000rpmを発生する。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ CX-30(SKYACTIV-D/L Package/ポリメタルグレーメタリック)
  • マツダ CX-8 25S Lパッケージ
  • 懐かしのスペシャルティカーたち
  • マツダ6 の2021年モデルのカーボンエディション(北米仕様)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ