テスラ、充電超過料金を導入…「充電後は速やかな移動を」

エコカー EV
岐阜羽島に設置されたテスラの急速充電「スーパーチャージャー」
岐阜羽島に設置されたテスラの急速充電「スーパーチャージャー」 全 2 枚 拡大写真
テスラモーターズの日本法人は12月16日、独自の充電ネットワーク、「スーパーチャージャー」において、充電終了後も放置されている車両に、超過時間料金を請求すると発表した。

今回の発表は、スーパーチャージャーステーションに着いた顧客が、充電済みの車が停まっていてすぐに充電できないという問題への対応。充電終了後、車をスーパーチャージャーに接続したままにしていると、毎分43円(消費税込み)が課金される。

同社は将来的に充電完了後、車が自動で移動できるようになることで、ネットワーク効率とカスタマーエクスペリエンスのさらなる向上を目指す。これが実現するまで、充電完了後はドライバー自身で、車を速やかに充電スペースから移動してもらうよう促していく。

車を5分以内に移動すれば、この料金は免除。放置し続ければ、上限なく課金される。なお、丸の内スーパーチャージャー(パレスホテル東京)と六本木スーパーチャージャー(グランドハイアット東京)は、対象外となる。

テスラモーターズは、「この変更により、長距離ドライブの際により多くの人が、スーパーチャージャーを利用できるようになり、より良いエクスペリエンスを提供できるようになる」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ニューヨークのテスラ販売店
  • ドイツで充電器設置の展開を拡大したテスラ(5月26日)
  • テスラ・モデルS
  • テスラ・モデルS
  • トヨタ MR2 後継モデルの予想CG
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ