GM、トランプ次期大統領に反論…「メキシコ製車両の米国導入はわずか」

自動車 ビジネス 企業動向
シボレー・クルーズ・ハッチバック
シボレー・クルーズ・ハッチバック 全 3 枚 拡大写真
米国のトランプ次期大統領が1月3日、GMがメキシコ生産車を米国で販売していることを批判し、「国境税を課す」とTwitterで発言。これに対して、GMが反論の声明を発表している。

トランプ氏のTwitterでの発言は、GMがメキシコ工場で生産するシボレーブランドの主力コンパクトカーの『クルーズ』を、米国市場で販売していることを批判したもの。新たな関税として、多額の国境税を課す可能性をTwitterで示唆していた。

トランプ氏の発言を受けて、GMは同日、声明を発表。「米国で販売しているシボレークルーズのセダンの全量は、米国オハイオ工場製」と、トランプ氏の発言に反論した。

さらにGMは、「メキシコ製のクルーズのハッチバックを米国市場に導入しているが、その数はわずか」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ