【デトロイトモーターショー2017】ホンダ リッジライン、北米トラックオブザイヤー受賞

自動車 ニューモデル モーターショー
受賞を喜ぶリッジライン開発エンジニアのジム・ロフタス氏(向かって左)と、アメリカン・ホンダ自動車部門専務副社長のジョン・メンデル氏。
受賞を喜ぶリッジライン開発エンジニアのジム・ロフタス氏(向かって左)と、アメリカン・ホンダ自動車部門専務副社長のジョン・メンデル氏。 全 6 枚 拡大写真
北米カーオブザイヤー主催団体は1月9日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2017において、新型ホンダ『リッジライン』に「2017北米トラックオブザイヤー」を授与すると発表した。

「北米カーオブザイヤー」は今回が24度目。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型車の中からベストな1台を選出する。

これまで、北米カーオブザイヤーは、「乗用車」と「トラックおよびユーティリティ」の2部門だった。今回からトラックとユーティリティを別部門化し、乗用車、トラック、SUVの3部門とする。

今回、新型ホンダリッジラインが、2017北米トラックオブザイヤーを受賞。米国の最量販車、フォード『Fシリーズ』の「スーパーデューティ」と日産『タイタン』を抑えて、栄冠を手にした。

新型ホンダ リッジラインは2世代目。中型ピックアップトラックのカテゴリーに属する。アメリカンホンダのジョン・メンデル上級副社長は、「この賞は新型リッジラインが中型ピックアップトラックの顧客に、技術革新やアドバンテージを提供している証になる」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産 IMs(デトロイトモーターショー2019)
  • デトロイトモーターショー2019
  • フォード・マスタング・シェルビーGT500(デトロイトモーターショー2019)
  • スバル WRX STI 2019年モータースポーツ仕様(デトロイトモーターショー2019)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/01/10/288047.html/article/2017/01/10/288046.html/article/2017/01/10/288048.html