【デトロイトモーターショー2017】ホンダ、新型ハイブリッド専用車を米国投入 2018年

自動車 ニューモデル モーターショー
ホンダの八郷社長(デトロイトモーターショー2017) (c) Getty Images
ホンダの八郷社長(デトロイトモーターショー2017) (c) Getty Images 全 2 枚 拡大写真
ホンダが米国市場に、新たなハイブリッド専用車を投入する計画を進めていることが判明した。

これは1月9日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2017のプレスカンファレンスにおいて、ホンダの八郷隆弘社長が明らかにしたもの。「2018年、新型ハイブリッド専用車を米国市場で発売する」と公表している。

この新型ハイブリッド専用車には、ホンダの先進の2モーターハイブリッドシステムが採用される予定。現在、このシステムは、『アコードハイブリッド』に搭載。米国仕様の場合、49マイル/ガロンという優れた燃費性能を実現する。

なお、ホンダは新型ハイブリッド専用車を、米国内の既存工場で現地生産する計画。車両の詳細や生産工場に関しては、追って明らかにするとしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・スープラ 新型(デトロイトモーターショー2019)
  • トヨタ・スープラ 新型(デトロイトモーターショー2019)
  • 日産 IMs(デトロイトモーターショー2019)
  • デトロイトモーターショー2019
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ