ドローンによる長距離荷物配送の飛行実験、福島県の南相馬市で実施予定

航空 企業動向
楽天のドローン「天空」(CGイメージ、参考)
楽天のドローン「天空」(CGイメージ、参考) 全 1 枚 拡大写真
経済産業省、NEDO、福島県、自律制御システム研究所(ACSL)は、ドローンによる長距離荷物配送の飛行実験を1月12日に福島県南相馬市で実施する。

飛行試験は、福島県がロボットやドローンの実証場所を提供する「福島県浜通りロボット実証区域」制度を活用、ドローンを活用した物流システムの性能評価手法を開発するため、NEDOプロジェクトの一環として実施するもの。

具体的には、楽天のドローンを活用した配送サービス「そら楽」の専用機「天空」のベースとなる「ACSL-PF1」を、南相馬市の海岸約12kmの区間を飛行、完全自律制御で長距離荷物配送する。これによって平時の荷物配送に加え、災害時の緊急物資輸送にも貢献していく。

今回の飛行試験では、配送先をサーフィンのメッカである南相馬市の北泉海水浴場に設定、ドローンで現地のサーファーに温かい飲み物を配送する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV