【デトロイトモーターショー2017】米ホンダ、新型車の半数を電動車両に…2018年目標

自動車 ニューモデル モーターショー
ホンダ・クラリティ・フューエル セル(参考画像)
ホンダ・クラリティ・フューエル セル(参考画像) 全 2 枚 拡大写真
ホンダが米国市場において、今後2年間で電動車両のラインナップを大幅に増やすことが判明した。

これは1月9日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2017のプレスカンファレンスにおいて、ホンダの八郷隆弘社長が明らかにしたもの。「今後2年間で、ホンダが米国市場で発売する新型車の半数は、電動化車両になるだろう」と発表している。

ホンダは電動化車両のカテゴリーにおいて、主導的地位に立つことを目指している。今回の計画は、その一環となる。

具体的には、2018年に新型ハイブリッド専用車を米国で現地生産し、発売する予定。さらに、燃料電池車の『クラリティフューエルセル』からは、EVとプラグインハイブリッド車を派生させることが明らかにされている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・スープラ 新型(デトロイトモーターショー2019)
  • 日産 IMs(デトロイトモーターショー2019)
  • デトロイトモーターショー2019
  • フォード・マスタング・シェルビーGT500(デトロイトモーターショー2019)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ