【オートモーティブワールド2017】複数の車載カメラでセンシング…コネクティッドカー開発の“ヒント”提案、DPT

自動車 ビジネス 国内マーケット
DPT(オートモーティブワールド2017)
DPT(オートモーティブワールド2017) 全 6 枚 拡大写真
DPTは1月18日、東京ビッグサイトで開幕した「第9回オートモーティブワールド/第5回コネクティッド・カーEXPO」に出展した。

DPTは、愛知県名古屋市に本社を置くエンジニアリング企業。自動車関連では、駆動系ECUやボディ系ECUなど、エレクトロニクスの回路開発・設計・評価はじめ、情報システムでは車載機器の制御・組込系システムの開発を手がけている。

同社は、オートモーティブワールド2017において、「コネクティッドカー開発における課題解決のヒントがここに」をテーマに出展。

スマート化が進む車載システムにおける複数台カメラを使用したセンシングシステム、「Eye-Correct」をはじめ、複数のセンシングノードで同時に挙動・振動計測が可能で、使用方法も非常に簡単な簡易型分析ソリューション、「S-MAS」の最新版を出展している。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ