東海理化とトヨタ自動車の自動車用リモートキー、JIDAデザインミュージアムセレクションに選定

自動車 ビジネス 国内マーケット
東海理化 自動車用リモートキー
東海理化 自動車用リモートキー 全 1 枚 拡大写真
東海理化は1月23日、同社が製造する自動車用リモートキーが、日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)が主催する「JIDAデザインミュージアムセレクション vol.18」に選定されたと発表した。

自動車用リモートキーは、トヨタ自動車と共同で意匠開発をした製品で、セレクションも同社との共同での選定となる。

JIDAデザインミュージアムセレクションは、インダストリアルデザインが社会に寄与する質の高い製品を選定し、その製品を次世代に伝え、教育・産業・生活への文化的貢献を行うことを目的とするもの。2016年度は47製品が選定された。

今回の選定では、「ドライバーが車に向かいながら鍵を取り出しスイッチを押す。それを手に持ってドアを開けシートに座り、イグニッションホールにキーを挿し込んで回す」という一連の動作のために、高度な意匠が達成されている点と、スマートキーにその役目を引き継ぎながらも、未だ変わらず使用され続けて、そのデザインコンセプトの普遍性を具体化させたという点が高く評価された。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ