つくばエクスプレス全20駅で自動券売機・自動精算機を更新…7カ国語対応

鉄道 企業動向
左:新型自動券売機(イメージ)、右:新型ICカードチャージ機(イメージ)
左:新型自動券売機(イメージ)、右:新型ICカードチャージ機(イメージ) 全 1 枚 拡大写真
つくばエクスプレス(TX)を運営する首都圏新都市鉄道は、全20駅の自動券売機、自動精算機を1月24日から順次、日本語を含めた7カ国語対応の新型自動券売機・自動精算機に更新する。

TX開業から約11年が経過したことで機器の経年劣化しているのに加え、増加している訪日外国旅行者などにTXを安心、快適に利用してもらうのが目的。

また、ICカード利用者の増加を受けて、新たにICカードチャージ専用機を導入する。

導入するのはTX全20駅で自動券売機が55台、自動精算機が27台、ICカードチャージ専用機14台の計96台。

自動券売機と自動精算機の筐体には、TXのコンセプトカラーである「青色」と「赤色」を採用する。新型自動券売機・自動精算機と新たに導入するICカードチャージ専用機では、既存の日本語・英語対応に加え、中国語「繁体字・簡体字」、韓国語、フランス語、スペイン語の7カ国語対応とする。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 2011年10月から「ATACS」が導入されている仙石線。
  • 9月21日に全線が再開する小湊鐵道。
  • 京成スカイライナー
  • 阿佐海岸鉄道DMV3両の車体デザイン。10月5日にはこれらが揃う姿が披露される。
  • 大阪環状線と桜島線の全列車を受け持つ最新鋭の323系。6月8日までに両線の全列車を置き換えた。
  • ひたちなか海浜鉄道のキハ11形。
  • 2011年から駅改良工事や品川~田町間新駅(高輪ゲートウェイ駅)設置に向けた工事が進められている品川駅。写真は2013年の様子。
  • 月崎駅に入る小湊鐵道の下り列車。同駅から上総大久保駅にかけては、送電線や通信線が断線しているという。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2017/01/23/288986.html/article/2017/01/23/288985.html/article/2017/01/23/288987.html