つくばエクスプレス全20駅で自動券売機・自動精算機を更新…7カ国語対応

鉄道 企業動向
左:新型自動券売機(イメージ)、右:新型ICカードチャージ機(イメージ)
左:新型自動券売機(イメージ)、右:新型ICカードチャージ機(イメージ) 全 1 枚 拡大写真
つくばエクスプレス(TX)を運営する首都圏新都市鉄道は、全20駅の自動券売機、自動精算機を1月24日から順次、日本語を含めた7カ国語対応の新型自動券売機・自動精算機に更新する。

TX開業から約11年が経過したことで機器の経年劣化しているのに加え、増加している訪日外国旅行者などにTXを安心、快適に利用してもらうのが目的。

また、ICカード利用者の増加を受けて、新たにICカードチャージ専用機を導入する。

導入するのはTX全20駅で自動券売機が55台、自動精算機が27台、ICカードチャージ専用機14台の計96台。

自動券売機と自動精算機の筐体には、TXのコンセプトカラーである「青色」と「赤色」を採用する。新型自動券売機・自動精算機と新たに導入するICカードチャージ専用機では、既存の日本語・英語対応に加え、中国語「繁体字・簡体字」、韓国語、フランス語、スペイン語の7カ国語対応とする。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。
  • 東京モノレールの1000形。安定輪が破損した形式は明らかにされていない。
  • 最も被害が大きい海浦~佐敷間の佐敷トンネルの状況(7月30日時点)。佐敷駅方の土砂崩れの流入部。

ピックアップ